So-net無料ブログ作成
無錫食べ歩き ブログトップ

冷麺を食す [無錫食べ歩き]

土曜日昼、さすがに暑いので冷たいものが食べたくなった。
冷たい日本食を求めて、暇日広場へ!
地図ではこの位置になります。



無錫の90%以上の日本食屋と日式カラオケが集まっています。

しかし、昼にやっている日本飯屋が少ない!
ふと見ると、韓国料理店に店先に「冷麺」の看板!韓国語で店名わかりませんでした。
早速入って、即注文!

冷麺.JPG


リーマンショック以降だいぶ少なくなりましたが、韓国料理店もまだあります。

大変おいしかったです。25RMBでした。






nice!(2)  コメント(6)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

栗の季節 [無錫食べ歩き]

大分涼しくなり、栗の季節となった。
中国で栗というと連想するのは、天津甘栗だろうが、
普通売っている栗は蒸くりである。
DSCF0461.JPG
量り売りで、500g15元である。昨年より2元上がっていた。
(ちなみに5年前は500g9元であった。)
栗やだが夏の間(6~8月)は休業で、涼しくなってから営業が開始する。
季節感の無い中国において、季節感のある食べ物且つ職業である。
DSCF0460.JPG
袋の横に、栗向きの用具の使い栗の剥き方が書いてある。
営業開始にころ(9月上旬)は、この用具をくれたが今年は無かった。
(日本でも甘栗を買うと中に入っていることがある)

栗が好きで、いろいろ食べ歩いたが、家から近いのと味から「金栗王」の栗が
お勧めです。無錫市内に数店あります。


nice!(0)  コメント(2)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

韓国料理 [無錫食べ歩き]

ここ無錫は韓国人が多いせいか韓国料理店多いです。
韓国料理といえば『焼肉』

ある店に何度かいったらこんな物をもらいました。
DSCF1449.JPG

VIPカード!勘定の時に出すと少しまけてくれます。

日本飯屋と韓国飯屋との大きな違いは、日本飯屋のオーナーは中国人か日本人に帰化した中国人です。
韓国飯屋のオーナーは生粋の韓国人。そのため、本当の韓国料理です。
そのため、キムチは自家製で、何処の韓国飯屋も絶品です。

DSCF1420.JPGDSCF1421.JPGDSCF1419.JPGDSCF1418.JPG

nice!(0)  コメント(4)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

やっと飲茶へ行って来ました! [無錫食べ歩き]

やっと食べることができました。
8品頼んで108RMBと格安でした。

DSCF1442.JPGDSCF1446.JPGDSCF1447.JPG

一番高かったのは何と
DSCF1443.JPG

スイカジュース38RMBです。
えび餃子と皮蛋粥はおいしかったですが、それ以外はイマイチでした。

DSCF1444.JPGDSCF1445.JPG

期待が大きかっただけに残念!

nice!(1)  コメント(2)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

飲茶 [無錫食べ歩き]

本格的飲茶ができたというので、行ってきました。
場所は、保利広場の藍天です。
表に、メニューがありました。

DSCF1431.JPG

これは期待できるかもと、入ると・・・

今日は既に売れ切れ・・・・・

やっぱり、夕飯に「飲茶」は無理があったのかも。

休みの昼に再度挑戦となりました。

nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

湖南料理 [無錫食べ歩き]

南禅寺で湖南料理を食べてきました。
本来は紹興へ行ったときに食事をしたレストランの姉妹店があるということで、
行って見ましたが今一だったので、反対側の湖南料理にしました。
湖南料理店は、店の名前に「湘」と言う文字が入っているので直ぐにわかります。

湖南料理.JPG
この店の名前は「湘会人家」といいます。

ちなみに四川料理は「川」の文字が入っています。
湖南料理の特徴は、辛さです。日本では四川料理は辛いと思われていますが、
中国では「麻」と表現されます。辛いといっても山椒の辛さで、しびれる(痲)感じです。
湖南料理は唐辛子の辛さで、四川料理より辛いといわれています。
それでこんな料理を食べて見ました。

冷菜
涼拌黄瓜(胡瓜の和え物:辛いです)
涼拌黄瓜.JPG
酢拌海帯(昆布の和え物:辛いです)
酢拌海帯.JPG
青菜
香菇青菜.(しいたけと青梗菜のオイスターソース炒め)
香菇青菜.JPG
メイン
垛椒鱼头(魚の頭と辛子に蒸し物:今回の料理で一番辛い)
垛椒鱼头.JPG

ご飯は、素焼きの入れ物で蒸されたものがきます。
湖南料理8.JPG湖南料理9.JPG

無錫の料理は全体的に甘めですが、この店は本格的湖南料理の店でした。



nice!(1)  コメント(2)  トラックバック(0) 
共通テーマ:グルメ・料理

銀平 in Kempinski Hotel Wuxi [無錫食べ歩き]

最近のお気に入りの日本食レストランです。
コースで150RMBを頼んでみました。
前菜に始まり
DSCF1380.JPG
おつくり
DSCF1381.JPG
トマトスープワンタンいり
DSCF1382.JPG
そうめん
DSCF1383.JPG
サーモンのソテー
DSCF1384.JPG
海草サラダ
DSCF1385.JPG
てんぷら
DSCF1388.JPG
鯛めし
DSCF1390.JPG
果物
DSCF1391.JPG
といったメニューです。多くて食べ切れません。
本格的な日本料理に大満足です。

それで、中国式のお持ち帰りです。しかし、ちゃんとした袋に入れてくれました。
DSCF1392.JPG

加えてホテル内だとサービス料が取られることがありますが、ここは無しです。

日本の味に飢えている駐在者にとっては二重丸のお店です。

(後でネット確認すると、大阪・和歌山に8店舗ほどある日本食レストランでした。
無錫はまだHPに掲載されていませんが、大連が姉妹店となっています。)

nice!(1)  コメント(4)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感
無錫食べ歩き ブログトップ

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。